So-net無料ブログ作成
スポンサードリンク
スポーツ ブログトップ

羽生結弦 [スポーツ]

いよいよオリンピックシーズンが始まった。

羽生選手にはぜひ連覇を期待したいです。

しかしジャンプの高度化がこんなに進むなんて、選手も大変だなあ。


飯塚翔太復活V!サニブラウンは2位 静岡国際 [スポーツ]

陸上のリオデジャネイロ五輪代表選考会を兼ねた静岡国際が3日、静岡・エコパスタジアムで開かれました。

男子200メートルは飯塚翔太選手(ミズノ)が20秒38で復活優勝!。昨年の北京世界選手権代表のサニブラウン・ハキーム選手(東京・城西高)が20秒54で2位でしたね。

男子400メートル障害は野沢啓佑選手(ミズノ)が49秒07で優勝。

女子ハンマー投げは渡辺茜選手(丸和運輸機関)が日本歴代3位となる66メートル79の大会新で優勝しました。


注目の男子200Mは、ともに大きなストライドで後半に強い、飯塚とサニブラウンの大型スプリンターが対決しました。カーブの出口まではほぼ差がありませんでしたが、後半に飯塚選手が突き放しました。群雄割拠の男子200メートルを制した24歳は「内容が良かったので満足」とコメントしています。
飯塚選手は2010年世界ジュニア選手権の覇者。13年世界選手権でも準決勝に進みましたが、昨年は故障で精彩を欠いています。そのため冬場は前年よりスピード練習を増やすなど、しっかり練習を積んで再び表舞台に登場しました。

既にリオ五輪の参加標準記録(20秒50)はクリアしていますが、選考で優位に立つ日本陸連が定めた派遣設定記録(20秒28)の突破は逃しました。他に高瀬(富士通)、藤光謙司(ゼンリン)両選手は派遣設定記録に届いています。激しい代表争いにも「僕が復活できたのもライバルのおかげ。刺激になった」。実力者の復調で、桐生祥秀(東洋大)らも含めた男子400メートルリレーの代表争いも過熱しますね。


一方注目の今季初の大会出場となったサニブラウン選手は、決勝で終盤のひと伸びを欠きました。「20秒50は切りたかったけど、焦ることはないのでゆっくりとタイムを上げていけばいい」と振り返っています。

昨年の世界選手権200メートルで準決勝に進んだ17歳。今年の目標をまずはU20(20歳未満)世界選手権(7月、ポーランド)での100メートル、200メートルの2冠に置いています。


男子400メートル障害は野沢選手が自己ベストを0秒01縮める49秒07で優勝しました。序盤から果敢に飛ばし、後半に粘る積極的なレース運びでしたね。

昨季は世界選手権の代表を逃したものの、既にリオ五輪の参加標準記録(49秒40)は突破しています。かつては山崎選手を初め日本の得意種目だった400メートル障害も、最近は世界の舞台でも今ひとつです。成長著しい24歳は「お家芸」の復活に向けて「48秒台が目標」とさらなる高みを見据えていました。



兄貴ついに王手!!今日2本で1999本まできたぞ! [スポーツ]

広島カープの兄貴、新井貴浩選手が、ついに2000本安打に王手をかけました!

今日の阪神戦で2本を打ち、ついに1999本まで来ましたね!!


もう決まったも同然ですが、次の試合はビジターのヤクルト3連戦。ちょっと残念ですね。今日のマツダスタジアムで決めて欲しかった...


マスターズ 松山英樹選手 [スポーツ]

松山英樹選手は2日目、16Hはパーセーブで通算-2、現在トップと2打差の3位タイに浮上!



ナベツネ撃退!高木京介ファインプレー!! [スポーツ]

野球賭博問題に揺れるプロ野球界ですが、唯一明るい話題が...

それはナベツネが野球界から去ること...

高木京介が、自分の野球人生と引き換えに、一世一代のファインプレーだ!!


高木京介 最後にファインプレー [スポーツ]

巨人の高木京介投手が、引退と引き換えにファインプレーを見せてくれました!

それはナベツネさんの辞職です。

ついに大物を引退に追いやった功績はすばらしい!

柿谷曜一朗 セレッソ復帰 [スポーツ]

残念ながら柿谷選手は海外で活躍できませんでしたね

素質がありながら海外です活躍できない選手はいつの時代もいるものです。

かつてのプロゴルファー尾崎将司のように。

ライスボウル 立命館逆転! [スポーツ]

ライスボウルは第4Q途中に立命館大学が逆転しました!

立命館 19-15 パナソニック

残り約3分です。





フジキセキ [スポーツ]

フジキセキ ああフジキセキ フジキセキ

箱根のラブライバー及川選手 [スポーツ]

箱根駅伝が近づいてきましたね!

去年の箱根駅伝で、一躍有名になったのが中央学院大学の及川選手でした。彼はプロフィールにラブライバーを公言しており、沿道には「箱根のラブライバー」との応援幕まで出現しました!それだけでなく、箱根の山登り5区で、区間3位の力走を見せ、実力も折り紙つきでした。

今年富山のYKKに就職したそうで、もちろん駅伝部もあるそうです。地区大会を1位で通過し、元旦のニューイヤー駅伝に出場を決めています。

今年も及川選手の走りが見られるのも楽しみですね!もちろんテレビで「箱根のラブライバー」といじられるでしょうが...



スポーツ ブログトップ